トップに戻る
注目の田舎エリア特集

田舎styleTOP >注目の田舎エリア特集

 

田舎暮らし初めてガイド

 

注目の田舎エリア

 

鹿児島県

鹿児島は,世界自然遺産に登録されている屋久島や奄美群島をはじめ特色ある島々,桜島等の火山,豊富な温泉,緑あふれる森林などの多彩で豊かな自然,人々の日常生活においてはぐくまれてきた個性豊かな祭礼行事,民俗芸能,伝統工芸などの伝統文化,黒豚,黒牛,黒酢,黒糖,焼酎といった豊富な食材などに恵まれており,いわゆる「生活先進県」としての基盤が備わっています。

 

宮崎県

九州の南東部に位置する宮崎県は、全国でも非常に温暖な地域です。年間の平均気温は沖縄県、鹿児島県に次いで日本第3位の17度。 1年を通じて温暖な気候を誇っており、年間快晴日数は54日間で西日本一。同時に降水量でも九州一を誇っています。このバランスのよい気候が、植物の生長を促し、緑豊かな自然を形成しています。

 

軽井沢

カナダ生まれの英国聖公会宣教師A・C・ショー氏により避暑地として紹介されてから100年以上経つ軽井沢は日本で始めての別荘地です。近年の交通の発達もあり東京から新幹線で1時間でアクセスできるようになりました。洋と和がほどよくミックスされた町は洗練された佇まいと、古い建物たちが心地よさと安らぎをもたらしてくれます。

 

那須

実は、「那須」の定義がちょっとあいまいで、どこからどこまでが「那須」と決まっているわけではありません。しかし、私たちが観光地としての「那須」をイメージした場合、那須岳・那須高原・那須温泉卿を中心とした観光エリアを指す場合が多いです。



前のページへ戻るページTOPへ