トップに戻る
注目の田舎エリア特集 「宮崎県」

田舎styleTOP >注目の田舎エリア特集 宮崎県

 

田舎暮らし初めてガイド

 

「宮崎」ってどんな県?

 

注目の田舎エリア特集 鹿児島県

九州の南東部に位置する宮崎県は、全国でも非常に温暖な地域です。年間の平均気温は沖縄県、鹿児島県に次いで日本第3位の17度。 1年を通じて温暖な気候を誇っており、年間快晴日数は54日間で西日本一。同時に降水量でも九州一を誇っています。このバランスのよい気候が、植物の生長を促し、緑豊かな自然を形成しています。宮崎の財産でもある自然を活かし、四季の移ろいを日常生活の中で実感できる豊かな環境が整っています。 そんな温暖な気候を利用し、野菜や果実農産物の生産も盛んです。キュウリ、ピーマン、切り干し大根など、全国第1位の生産量を誇るものは数多くあります。また、「太陽のタマゴ」と銘打ったマンゴーのブランドは、東国原知事の就任後、さらに全国で名が知られるようになりました。

 

 

 

このエリアの物件を見る

 

年間平均気温は17度

宮崎の年間の平均気温は沖縄県、鹿児島県に次いで日本第三位の17度です。一年を通じて温暖な気候で年間快晴日数は54日間で西日本一です。同時に降水量でも九州一を誇っています。バランスのよい気候が、植物の生長を促し、緑豊かな自然を形成しています。

 

 

 

お手頃な生活費

宮崎市は全国でも消費者物価地域差指数(総合)が最も低い都市の一つ。モノが安いだけでなく、海と山の新鮮な幸が大変豊富です。やっぱり美味しくて、安いのが一番ですね。
高千穂通り街路風景

 

 

 

広々マイホーム

宮崎では1住宅当たりの敷地面積の平均が345uです。都会では叶わない、ゆったりとしたマイホームも宮崎でなら、夢ではありません。

フローランテ宮崎

 

 

 

短い通勤・通学時間

宮崎県内での通勤・通学時間の平均は約21分(週全体・総平均15歳以上)。全国的にみると最も長い神奈川県の47分の半分以下で、日本一短いと言われています。

日南フェニックスロード

 

 

 

 

暮らしと融合した美しい自然

宮崎県は道路にある樹木や自然景観を保護し、花や木を植栽して潤いの場にしようと、日本で初めて「沿道修景美化条例」を制定し、人々の暮らしと自然が心地よく融合した街づくりに積極的に取り組んでいます。また、一人あたりの都市公園面積が全国第二位の広さを誇るなど、宮崎の財産でもある自然を活かし、生活の中でその恵みを実感できる豊かな環境が整っています。
日南海岸

 

 

 

このエリアの物件を見る




前のページへ戻るページTOPへ