トップに戻る
田舎暮らしのために知っておきたいこと

田舎styleTOP 私達を守る?住宅瑕疵担保責任保険?

 

田舎暮らし初めてガイド

 

平成21年10月1日より住宅瑕疵担保履行法が始まります。この法律は消費者を欠陥住宅から守る制度で、もし万が一新築した住宅の主要構造部分に欠陥が見つかった場合で建築業者が倒産などで対応できなかったり意図的に対応しなかったりした場合、この制度をつかって補修費用などを補填する制度です。平成21年10月1日以後、住宅を引き渡す際に建設業者はこの制度に加入しなければならなくなり、適用を受けた住宅は10年間保証されます。平成21年10月1日より以前の場合は、建設業者の任意で加入することができます。

 

この制度の対象は主要構造部分になります。この主要構造部分の欠陥により被害を被った箇所(雨漏りで壁紙がはがれたなど)についても対象になりますが、主要構造部分に関係ない、たとえば「糊の付き具合がわるくて壁紙がはがれた」などは対象になりません。

 

 

 

この制度には、保険制度と供託制度がありどちらかを建設業者が選択することになりますが、建設業者との相談により保険制度を選択することも可能です。

 

 

保険制度

 

現在(平成21年1月現在)、住宅瑕疵担保責任保険の引き受け会社は以下の5社になります。保険料は保険会社によって異なりますが一戸建ての場合の目安は6〜9万円になります。保険の加入自体は施主ではなく建設業者が行います。希望の保険会社がある場合は建設業者と相談をしてみましょう。この保険に加入していれば、最低でも2000万円までの保証が受けられます。この限度額を増額するオプションもあるのでご希望の場合は相談してください。

 

 

(株)住宅あんしん保証

http://www.j-anshin.co.jp/

 

(財)住宅保証機構
http://www.how.or.jp/

 

(株)日本住宅保証検査機構
http://www.how.or.jp/

 

(株)ハウスジーメン
http://www.house-gmen.com/

 

ハウスプラス住宅保証(株)
http://www.houseplus.co.jp/

 

 

供託制度

 

建設業者がこの供託制度を選択した場合、その建設業者は法務局などの供託所に決められた額(最低でも2000万円)を預け置くことになります。新築した住宅の主要構造部分に欠陥が見つかった場合で建築業者が倒産などで対応できなかったり意図的に対応しなかったりした場合にその供託金から保証をする制度です。

 

 

なにかトラブルがあったら

 

 

住宅でなにかトラブルがあったら無料で相談ができる電話窓口があるのでそこに相談してみてください。きっとなにか良い解決方法を教えてくれるはずです。

 

財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
03-3556-5147
http://www.chord.or.jp/

 

 

 

家を探す        土地を探す



前のページへ戻るページTOPへ