トップに戻る
全国の市民農園

田舎styleTOP >全国の市民農園

 

田舎暮らし初めてガイド

 

全国の市民農園

 

 

全国の市民農園リスト

 

北海道

東北

 

関東

 

甲信越

北陸

東海

近畿

 

中国

 

四国

九州

 

沖縄

|

|

 

|

 

|

|

|

|

 

|

 

|

|

 

|

北海道

青森
山形

東京

茨城

山梨

富山

愛知

大阪

奈良

鳥取

山口

徳島

福岡

大分

沖縄

 

岩手

福島

神奈川

栃木

長野

石川

岐阜

兵庫

和歌山

島根

 

香川

佐賀
宮崎

 

宮城

 

埼玉

群馬

新潟

福井

静岡

京都

 

岡山

 

愛媛

長崎

鹿児島

 

秋田

 

千葉

 

 

 

三重

滋賀

 

広島

 

高知

熊本

 

*リストはエクセルファイルです。

 

 

市民農園とは?

市民農園とは、一般に都市部部に住む人々がレクリエーションとしての自家用野菜・花の栽培、生徒・児童の体験学習などのいろいろな目的で、小面積の農地を借りて主に野菜などを育てるための農園のことです。
このような農園は、ヨーロッパ諸国では古くからあり、ドイツではクラインガルテン(小さな庭)と呼ばれています。

 

 

市民農園を利用するには

 

1 市民農園を探す
[1] ページ上部から全国の市民農園リストをご覧いただけます。

[2] 上記の市民農園リストに載っていない農園も地元の広報誌や掲示板等で探すことができます。

注:利用を地域住民に限定している農園もあります。

 

2 農園管理者に問い合わせる
農園によって募集期間や募集方法等が異なるため、直接問い合わせしてください。

 

3 応募する

 

4 農園管理者と利用契約を結ぶ

 

5 利用開始

 

 

よくある質問

Q1利用者の募集はいつ頃ですか?
A 一般的に利用者の募集は1から3月の間に行い、3から4月頃に利用を開始することが多いいようです。

 

Q2農園の広さ、利用期間、利用料はどうなりますか?
A 農園によって異なりますが、参考までに次のようになっています。

[1] 利用面積は、一区画当たり50平方メートル未満のものが約7割、50平方メートルから100平方メートル未満のものが約2割あります。

[2] 利用期間は、2年未満のものが約6割、2年から3年未満のものが約2割あります。

[3] 有料の農園の場合、年間5千円未満のものが約5割、5千円から1万円未満のものが約3割あります。無料のものも約1割あります。

 

Q3野菜を全く作ったことがないのですが大丈夫でしょうか?
A 市民農園の利用は、利用者本人が管理をすることが原則ですが、希望によりサポートを受けることも出来ます。管理者が設置されている農園もあるので、管理者がいる農園を探すのがいいでしょう。



前のページへ戻るページTOPへ