トップに戻る
田舎暮らしのために知っておきたいこと

田舎styleTOPこれは便利!田舎不動産用語集 頭文字用語一覧 > 用語説明

 

 

境界( きょうかい )

境界とは、不動産登記法で言う土地と土地の境のことで、地番と地番の境でもあり所有権の境でもあります。

この境界は公的に設定された土地の境い目で、すべての土地には必ず一区画ごとに地番が付けられ、登記簿に登記されます。

厳密には、境界には「筆界」と「所有権界」があります。筆界は、登記簿に記載された境界のことで隣地所有者間の合意で移動することはできません。筆界を移動する場合は分筆合筆により可能になります。所有権界は、所有権に基づき隣接地当事者間で合意された境界線で隣地所有者間の合意で移動することができます。

通常、土地は一筆(一区画)を単位として取引されますが、一筆の土地の一部についても時効取得することや譲渡することが認められているので、筆界に変動がなくても所有権の帰属が変更されることがあり、まれに筆界と所有権界が一致しないことがあります。

 

 

戻る



前のページへ戻るページTOPへ