トップに戻る
田舎暮らしのために知っておきたいこと

田舎styleTOPこれは便利!田舎不動産用語集 頭文字用語一覧 > 用語説明

 

 

登記簿( とうきぼ )

不動産登記簿謄本のことです。一般に「登記簿」や「謄本」などと呼ばれています。登記簿とは「法的に権利関係を示す台帳」のことで、謄本とは「原本の内容を全部写したもの」のことです。

登記簿(謄本)には土地と建物の2種類があります。土地は一筆(1区画)、建物は一棟ごとに登記簿があります。不動産登記簿の表題部分には、土地の場合は所在・面積・地目・地積など、建物の場合は所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積などが記載されていています。その他共通して、所有者の住所・氏名・取得年月日などや抵当権や地上権などの権利に関することが記載されています。

所有者の住所・氏名、権利関係などが記載されています。登記所(法務局)にて手数料を払えば誰でも交付、閲覧が可能です。コンピューターシステムを導入している登記所では「登記事項証明書」を交付しており、登記簿謄本として使用できます。

 

 

戻る



前のページへ戻るページTOPへ