トップに戻る
田舎暮らしのために知っておきたいこと

田舎styleTOPこれは便利!田舎不動産用語集 頭文字用語一覧 > 用語説明

 

 

容積率( ようせきりつ )

家の大きさは建ぺい率と容積率によって制限されています。この2つは常にセットで使われます。建ぺい率は敷地面積に対する建築面積(建物を上から見たときの家の大きさ)の割合で、容積率は敷地面積に対する延べ床面積(各階面積の合計)の割合です。いずれも地域や土地によって異なったものが設定されていますが、都市計画区域外は区域内に比べて通常緩い設定になっています。

たとえば、敷地面積が100uで、その土地の建ぺい率が50%、容積率が140%とします。この場合の最大建築面積は50u、述べ床面積は140uとなります。

 

 

戻る



前のページへ戻るページTOPへ