トップに戻る
田舎暮らしのために知っておきたいこと

田舎styleTOPこれは便利!田舎不動産用語集 頭文字用語一覧 > 用語説明

 

 

用途地域( ようとちいき )

用途地域とは、都市の環境を保つとともに機能的な街づくりのために、土地利用目的(住宅・商業・工業)に制限を定めた12種類のエリアのことで、建築できる建物の高さや種類が決められています。都市計画区域に指定された地域に対して都道府県が土地の用途を決めます。

12種類のエリアには、住宅系が7つ、商業系が2つ、工業系が3つあります。


用途地域の種類と趣旨

●住居系
・第1種低層住居専用地域・・・低層住宅の専用地域
・第2種低層住居専用地域・・・ 小規模な店舗の立地を認める低層住宅の専用地域
・第1種中高層住居専用地域・・・中高層住宅の専用地域
・第2種中高層住居専用地域・・・必要な利便施設の立地を認める中高層住宅の専用地域
・第1種住居地域・・・大規模な店舗、事務所の立地を制限する住宅地のための地域
・第2種住居地域・・・住宅地のための地域
・準住居地域・・・自動車関連施設等とが調和して立地する地域

●商業系
・近隣商業地域・・・近隣の住宅地の住民のための店舗、事務所等の利便の増進を図る地域
・商業地域・・・店舗、事務所等の利便の増進を図る地域

●工業系
・準工業地域・・・環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便の増進を図る区域
・工業地域・・・工業の利便の増進を図る地域
・工業専用地域・・・工業の利便の増進を図るための専用地域

 

 

戻る



前のページへ戻るページTOPへ