トップに戻る
市区町村情報

田舎styleTOP > 市区町村情報
周辺地図このまちの物件一覧特徴が似た市区町村

岡山県 美作市

概要

市の北部は、兵庫県との境界に、岡山県で最も高い後山(1,345m)がそびえ、氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されている中国山地が広がっています。市のほぼ中央には、南北方向に吉井川の源流である吉野川と梶並川が貫流しています。市の南部は、標高約50〜500mの丘陵台地となっています。
内陸的気候のため、昼夜、夏冬の気温の差が大きいものの、比較的温和な気候です。しかし、北部の山間部は、日本海側の影響受け積雪が多い地域です。
 美作市は、半世紀ぶりの町村合併により、6カ町村(勝田町、大原町、美作町、作東町、英田町、東粟倉村)が合併して平成17年3月31日に誕生しました。面積429.19Ku、人口約3万4千人で、岡山県の北東部に位置し、北は鳥取県、東は兵庫県と接しており、地域全体に豊かな山々の緑と、清らかな川の流れ、その周辺に広がる田園などが調和して落ち着きのある景観を形成しています。 市内には、美作三湯の一つとして知られる湯郷温泉があります。今から1200年の昔、一羽の傷ついた鷺が足を湯に浸けて癒しているのを円仁法師が発
 美作市は、中国地方山間部の東の玄関口にあたり、中国自動車道(インターチェンジが2ヵ所)、JR姫新線(駅が4ヵ所)、智頭急行樺q頭線(駅が2ヵ所)が走っており、京阪神からは非常にアクセスのしやすい場所にあります。田舎暮らしを望まれている方、ぜひお越しください。大歓迎します。
統計データ気候生活利便性地況自然環境医療・福祉教育交通問合せ窓口まちの特徴歴史・風土四季の特徴
説明
統計データ
34,577 人
人口
429 km2
面積
0 人
移住者(転入者)の実績
説明
気候
12.7 ℃
年間平均気温
30.5 ℃
最高月平均気温
-2.4 ℃
最低月平均気温
134 日
降水日数
1,682 mm
年間降水量
34 cm
最大積雪深
10 日
積雪日数
説明
生活利便性
79.57 %
下水道普及率
6
コンビニエンスストア数
説明
地況
×
海岸の有無
×
海面眺望の有無
×
湖沼の有無
1,345 m
最高標高
説明
自然環境
×
温泉がある
×
農村らしい暮らしができる
×
山村らしい暮らしができる
×
海の幸・山の幸が豊富
×
自然景観が楽しめる
説明
医療・福祉
0.78 人
人口千人当たり医師数
0.35 人
人口千人当たり歯科医師数
3
一般診療所数(19人以下)
11
病院数(20人以上)
26
歯科診療所数(19人以下)
×
地域医療支援病院の有無
×
巡回医療サービスの有無
60 人
養護老人ホームの定員数
90 人
特別養護老人ホームの定員数
説明
教育
18
保育所(保育園・幼稚園)数
13
小学校数
5
中学校数
2
高等学校数
説明
交通
80 分
県庁までの所要時間
30 分
人口10万人以上の都市への所要時間
80 分
最寄り空港までの所要時間
本土ターミナル港までの所要時間(島嶼部のみ)
30 分
新幹線、在来線特急停車駅までの所要時間
3 分
高速道路ICまでの所要時間(島嶼部は除く)
6
鉄道駅数
68 本
バス本数(市役所・役場前の発数)
統計データ気候生活利便性地況自然環境医療・福祉教育交通問合せ窓口まちの特徴歴史・風土四季の特徴
説明
問合せ窓口
企画振興部 企画情報課
担当部署:
707-8501
郵便番号:
岡山県美作市栄町38-2
住  所:
0868-72-1111
電話番号:
FAX番号:
説明
まちの特徴
【力を入れている地域振興策】
賑わいのある田園観光都市づくり
【まち独自のビッグイベント・祭り】
日本女子サッカーリーグのL1リーグで活躍している「岡山湯郷Belle(おかやまゆのごうべる)」のホームグラウンドがあり、スポーツの振興はもとより、21世紀の社会を背負って立つ青少年の健全育成、男女共同参画社会の実現、地域の振興に努力をしています。
【地域で盛んな活動】
 美作市では、体育協会・スポーツ少年団を中心としたスポーツの振興や文化協会・各種保存会を中心とした文化の伝承を各地域で行っています。
【地域内の特徴的な産業活動】
 美作市は、半世紀ぶりの町村合併により、6カ町村(勝田町、大原町、美作町、作東町、英田町、東粟倉村)が合併して平成17年3月31日に誕生しました。面積429.19Ku、人口約3万4千人で、岡山県の北東部に位置し、北は鳥取県、東は兵庫県と接しており、地域全体に豊かな山々の緑と、清らかな川の流れ、その周辺に広がる田園などが調和して落ち着きのある景観を形成しています。 市内には、美作三湯の一つとして知られる湯郷温泉があります。今から1200年の昔、一羽の傷ついた鷺が足を湯に浸けて癒しているのを円仁法師が発

【主なNPO】
稲の穂、福祉総合評価機構
説明
歴史・風土
【地域の歴史資源】
 国指定文化財としては、安養寺木造十一面観世音立像、林家があります。また、県下最古の木造建築物の長福寺三重塔のほか、剣聖宮本武蔵生家跡、梶並神社、旧出雲街道土居宿、旧因幡街道大原宿などがあります。
【歴史上の特徴】
 湯郷温泉は、今から約1200年前に、比叡山の高僧円仁法師が西国巡礼のときに立ち寄り、白鷺が足の傷を癒すのを見て発見したと伝えられています。また、旧因幡街道大原宿には、今も本陣、脇本陣が残り、当時の様子を色濃く残しています。
【主な郷土出身者】
新免武蔵(剣聖宮本武蔵)、宗道臣(少林寺拳法開祖)、山田桃源(立体書道家)、阿部知二(文学者)、木村えいじ(漫画家)、あさのあつこ(作家)
【気質・土地柄】
 旧街道があり、隣国との生活の交流が深かったことから、因幡(鳥取)、播磨(姫路)の影響を受けていますが、素朴な人間性と人情豊かなまちです。
【生活習慣】
夏祭り、秋祭りなどの季節の行事や水路の清掃、集落道路の整備などの地域の行事を大切にしながら、地域のつながりを保っています。
【特産品】
作州黒(作付け面積日本一の黒豆)、お茶(岡山県下一の生産量)、けし(全国1位)、コシヒカリ・ヒメノモチなどの米のほか、白桃、ミツマタ、ぶどう、しいたけ、まつたけ、ゆず、山菜、そうめん、地酒などがあります。
説明
四季の特徴
【春】
 こぶし、しゃくなげ、もも、かたくり、さくら、つつじ、さつきなどの花が咲き誇り、新緑鮮やかな山並みがきらめく水田に映ります。
【夏】
あじさいの花、ホタルの乱舞、清流吉野川での鮎釣り、市内各地では、夏祭り、盆踊りが行われます。
【秋】
 黄金色の稲穂の波は収穫の秋、空は高く、遠くから聞こえてくる秋祭りのお囃子の音。そして山々が紅く燃えます。
【冬】
 眼下に見える雲の海、眩いばかりの初日の出、真木を求める裸群、力みなぎる力餅、各地域でのとんど焼き、新しい年が始まります。
統計データ気候生活利便性地況自然環境医療・福祉教育交通問合せ窓口まちの特徴歴史・風土四季の特徴

市区町村情報は最新ではない可能性があります。

前のページへ戻るページTOPへ