トップに戻る
市区町村情報

田舎styleTOP > 市区町村情報
周辺地図このまちの物件一覧特徴が似た市区町村

石川県 志賀町

概要

能登半島中央部の西海岸に位置し、西の日本海と東の眉丈山に連なる丘陵地帯に開けた地域で、古くから「四ヶ」、「志賀郷」と呼ばれてきた地域である。
年間降水量は2000o前後と多く、特に梅雨時期と冬は降水量が多い。ただ降雪日数は近年少なくなってきており、交通への支障はあまりない。
別荘、ホテル、スポーツ施設が整備された志賀の郷リゾート、周辺市町村の雇用の核となっている能登中核工業団地が整備されている。
該当なし
統計データ気候生活利便性地況自然環境医療・福祉教育交通問合せ窓口まちの特徴歴史・風土四季の特徴
説明
統計データ
24,249 人
人口
247 km2
面積
390 人
移住者(転入者)の実績
説明
気候
13.3 ℃
年間平均気温
25.8 ℃
最高月平均気温
2.5 ℃
最低月平均気温
182 日
降水日数
1,973 mm
年間降水量
45 cm
最大積雪深
10 日
積雪日数
説明
生活利便性
42 %
下水道普及率
3
コンビニエンスストア数
説明
地況
海岸の有無
海面眺望の有無
湖沼の有無
160 m
最高標高
説明
自然環境
×
温泉がある
×
農村らしい暮らしができる
×
山村らしい暮らしができる
×
海の幸・山の幸が豊富
×
自然景観が楽しめる
説明
医療・福祉
0.37 人
人口千人当たり医師数
0.24 人
人口千人当たり歯科医師数
3
一般診療所数(19人以下)
7
病院数(20人以上)
8
歯科診療所数(19人以下)
×
地域医療支援病院の有無
×
巡回医療サービスの有無
0 人
養護老人ホームの定員数
220 人
特別養護老人ホームの定員数
説明
教育
9
保育所(保育園・幼稚園)数
7
小学校数
2
中学校数
1
高等学校数
説明
交通
60 分
県庁までの所要時間
60 分
人口10万人以上の都市への所要時間
75 分
最寄り空港までの所要時間
0 分
本土ターミナル港までの所要時間(島嶼部のみ)
20 分
新幹線、在来線特急停車駅までの所要時間
50 分
高速道路ICまでの所要時間(島嶼部は除く)
0
鉄道駅数
62 本
バス本数(市役所・役場前の発数)
統計データ気候生活利便性地況自然環境医療・福祉教育交通問合せ窓口まちの特徴歴史・風土四季の特徴
説明
問合せ窓口
担当部署:
郵便番号:
住  所:
電話番号:
FAX番号:
説明
まちの特徴
【力を入れている地域振興策】
能登中核工業団地への企業誘致、志賀原子力発電所2号機建設支援、志賀の郷リゾートの充実
【まち独自のビッグイベント・祭り】
西能登やっちゃ祭り、これでもか太鼓、堀松綱引き祭り、県下太鼓打ち競技大会
【地域で盛んな活動】
スポーツでは石川国体で競技種目となったこともあり、レスリングが優秀な成績をおさめている。文化面では、児童版画が全国的に有名である。
【地域内の特徴的な産業活動】
別荘、ホテル、スポーツ施設が整備された志賀の郷リゾート、周辺市町村の雇用の核となっている能登中核工業団地が整備されている。

【主なNPO】
国際交流として、町民と外国人とのふれあい活動を実施している志賀町国際交流の会「スマイル」がある。
説明
歴史・風土
【地域の歴史資源】
平家庭園、旧家の雄谷家、安部屋の弁天島、大島の藷願堂、長龍寺の庭園、来入寺の庭園、舘開の嫁ほめことば、疾風太鼓、堀松綱引き祭り、おしょうらい
【歴史上の特徴】
古くから「四ヶ郷」と呼ばれ、於古川・米町川の流域に開けた町であり、さらに江戸時代には、河口附近に港町が形成され町の中心として栄えた。
【主な郷土出身者】
南政善(洋画家)
【気質・土地柄】
口かずは少ないが、人情に厚く面倒見が良い。また辛抱強くよく働く。
【生活習慣】
各集落ごとに町内会が組織されており、道路清掃、社会体育大会等への参加が求められる。
【特産品】
コロ柿、赤土スイカ、土田地区の長ナス、サツマイモの能登金時、岩ノリ
説明
四季の特徴
【春】
桜の花見として火打谷地区にある「ヒウチダニキクザクラ」が有名で、また志賀の郷線の桜並木も奇麗である。
【夏】
大島海岸での海水浴やキャンプ、また安部屋海岸での海水浴が夏を満喫できる。
【秋】
志賀町特産のコワ柿を熟成させるための柿干しが志賀町の秋の深まりを感じさせる。
【冬】
冬の日本海の荒波のなかで、天然の岩のり採りの風景が自然の厳しさとともに能登の素朴さを表現している。
統計データ気候生活利便性地況自然環境医療・福祉教育交通問合せ窓口まちの特徴歴史・風土四季の特徴

市区町村情報は最新ではない可能性があります。

前のページへ戻るページTOPへ